外国為替チャートとは

外国為替チャートというのは何でしょうか。例えばアメリカと日本と言ったように、通貨制度が違っている二国間で代金をやりとりするような場合、現金を直接輸送せずに外国為替という決済方法を使って決済します。チャートは、この外国為替取引を行なう際に参考にします。外国為替取引は、インターネットが広がったことで一般の人の手にも届くようになりました。このため、取引をする人は増えてきています。外国為替の取引は個人投資家にとっても人気の投資方法の1つとなっています。為替のチャートは取引をする際に無くてはならないものとなっています。通貨の異なる国の間での取引をする際に使われる決済方法である外国為替の取引は、日々変動している為替レートを元に計算されるのです。為替レートがどう動いたかによって、有利にもなれば不利になることもあり得るのです。外国為替のチャートは、リアルタイムに変動する為替レートの値動きを一目で見て分かるようにグラフにしたものです。時間の経過とともにどう値動きしたのかがすぐに分かるようになっています。さまざまな表現方法のある外国為替チャートですが、「ローソク足」と呼ばれるやり方で表現されたグラフが一般的になっています。為替チャートのローソク足は、相場の値動きが一目でわかるように考えられたもので、ローソクに似た形をしていることからローソク足と呼ばれています。外国為替のチャートを上手に利用することによって、為替取引を有利に進めることができるようになります。

外国為替チャートとローソク足

外国為替チャートでよく使われるローソク足は、単位期間が決まっています。ローソク足チャートの表示において、一単位となる時間の始めについた値を始値、最後についた値を終値といいます。さらに、単位時間の中での最も高い値段を高値、最も低い値段を安値と言います。この4つの数字からローソク足を作ります。外国為替のローソク足チャートには、陽線と陰線とがあります。外国為替チャートの陽線ですが始値から終値が高く、通常は白か赤で表示され上昇傾向にあることを意味しています。外国為替チャートの陰線は、始値より終値が低く、通常は黒か青で表示され、下降傾向にあることを意味しています。ローソクの実体とも呼ばれる胴体部分から出ている線をヒゲといいます。細い線が上に伸びているならば上ヒゲ、下に伸びているならば下ヒゲと呼びます。このヒゲは、その長さであったり、どういうタイミングで出現したかといったことで、状況が変化するためにたいへん重要なサインとなります。ヒゲが長い場合、相場の勢いが少なくなってきたことを示しています。長い上ヒゲならば上昇力の低下、長い下ヒゲならば下げる力が失われてきたことが分かるわけです。胴体部分が小さな線のときは、コマ足といって、気迷いを表しています。外国為替チャートというのは、通貨の状態を見極める為には、特に大切なものとなっています。

外国為替チャートとローソク足の種類

外国為替チャートのローソク足には、いくつかの種類があります。とても大事な参考データとして為替取引で利用されるローソク足にはどのようなものがあるのでしょう。さまざまな外国為替チャートの中でもローソク足というのは、多くの投資家や専門家が参考にするものとしてメジャーなものです。実際に投資のテクニカル分析をする場合には真っ先に調べるものであるほど、どんな人でも利用するものです。為替取引を有利にする為にも、外国為替チャートのローソク足の見方を覚えておいて決して損はないものです。日足と呼ばれるものは1本のローソクで、1日の値動きを表示しています。ローソク足の週足とは、為替の1週間の値動きを表したもので、月足では1ヶ月のもの、年足は1年分の値動きを表しています。どのローソク足の種類を使った外国為替チャートが良いのかは、取引の内容によって違うようです。月足や日足、または週足の利用がおすすめなのは、長期や中期型で外国為替取引をしているときです。分刻みの値動きを表したものが他にもあり、1分足や5分足、15分足、30分足といったものがあるそうです。短いスパンのチャートは、デイトレードやスウィングトレードなどの短期トレードをする時に適しています。外国為替チャートのローソク足の種類はいろいろとありますが、まずは基本的な値動きを十分に理解できるようになることが為替取引には必要になります。